オーガニックコットン

"色のある" オーガニックコットンのベビー肌着・服は、国内では希少。

すべて日本製のオーガニックコットン*を使用。
*綿花の生産地は、ドイツ、インド、トルコ、アメリカなど、
オーガニックテキスタイル世界基準(GOTS)認証取得しています。

日本から中国の縫製工場へオーガニックコットン生地を輸送。
国内の百貨店に並ぶ赤ちゃん・子ども服をメインに請け負っている縫製工場で
0123sies のプロダクトを生産、日本にて検品を行っています。


オーガニックコットンは、『赤ちゃんの肌ここち』はもちろん、
綿花を栽培する『生産者の健康』と『自然の環境』にもやさしい素材。

①赤ちゃんのお肌

農薬を使用していないため、繊維の傷みが少なく肌触りだけではなく、
何度洗ってもパサついたり堅くなりにくく、ふわふわとした肌触りが長持ちします。


②生産者の健康

健康被害を及ぼすような毒性の強い農薬を使わないことで、生産者の健康を守ることになります。


③自然の環境

オーガニック綿花は、雨水での栽培が推奨されているため節水にもなる。
農作物の中でもコットンの栽培にはたくさんの水が必要なんだそう。


無農薬栽培は、水質の保護、健全な土壌を保つことにもつながります。



ヴァージン素材のオーガニックコットンを100%使用、
こどもも大人も楽しめるデザインや仕掛けのアップサイクル設計によって
『こどもの未来と地球環境を思いやる “きっかけ” になるブランド』をめざしています。